Home    

一生派遣

Filed under 仕事.

テレビを見ていたら、与党と野党で一生派遣について議論していました。
現在の派遣法では、決められた職種以外は1年とか3年とかの縛りがあって、それ以上働かせたい場合、正社員化するようにという考え方があるけど、現実は守られていないです。

派遣会社を使う会社は、正社員じゃなくて、派遣でそこそこ仕事する人を、派遣会社向けに用意している予算の中で働かせたいという考えがあるので、個々で優秀な人がいたとしても、そこから正社員にする事はまずないと思います。

それを今後何年後までという縛りを撤廃する事で、派遣社員を長期雇用する企業が増えて、正社員が増えるという与党と、一生派遣で働く、派遣社員層が一層増加するという野党の反論があります。

個人的な意見としては、元々大して守られていない法律なので、この派遣法の改正で劇的に正社員が増えたり、派遣社員が増えるという事はないと思うけど、どちらかと言えば正社員数は今後減っていき、派遣社員が増えていくのは間違いないと思います。

正社員を増やすのが本当の目的だとしたら、派遣の定義をもっと厳しくして、正社員で雇う方が安いという状況にしない限り、派遣が今後も増えるのは間違いないし、今の施策で正社員が増える事はないと思います。

派遣という働き方を望んでて優秀な人以外は、仕事すらありつけないので、正社員になるなんて夢のまた夢であり、正社員になれる優秀な人は優秀なので、正社員という雇用形態にはこだわらないと思います。

だから国が雇用を安定させたいと思う層を救っているのは、皮肉なことに国が問題視しているブラック企業だったりします。

uip.jpg